認知症対策・生前対策

カテゴリ一 記事一覧

遺言信託とは?司法書士がわかりやすく解説

以前の記事で、民事信託と不動産の関係について書きました。今日は、遺言信託についてです。どんな制度?遺言信託についてはこんな条文があります。「特定の者に対し財産の譲渡、担保権の設定その他の財産の処分をする旨並びに当該特定の者が一定の目的に従い財産の管理又は処分及びその他の当

尊厳死宣言書とは?③~具体的な内容や手続きについて~

以前の記事で、尊厳死宣言書とは?について書きました。今日は、続きです。各事項の内容以前の記事で、尊厳死宣言書には5つの事柄に分けることができると記載しました。1つずつ解説していきます。① 尊厳死が認められるための要件の記載尊厳死が認められる要件としては2つのことがあると言われています。・担当医師を

尊厳死宣言書とは?②~具体的な内容や手続きについて~

以前の記事で、尊厳死宣言書とは?について書きました。今日は、尊厳死宣言書の具体的な内容や手続きの際に必要になる書類、費用などについてです。必要書類尊厳死宣言書を公正証書で作成する場合の必要書類以下の通りです。・尊厳死宣言書・ご本人の印鑑証明書と実印or写真付きの本人確

尊厳死宣言書を公正証書で作成することによる効果

以前の記事で、尊厳死宣言書とは何か?について書きました。今日は尊厳死宣言書を公正証書で作成した場合の影響と効果についてです。公正証書でも作成できる以前の記事でも書いた通り、尊厳死宣言書は公正証書で作成することができます。公正証書の種類としては、『事実実験公正証書』というものでこれは、公証人は五感の作用に

尊厳死宣言書とは??|司法書士が解説

以前の記事で、ライフプランとは何か?について書きました。今日は、尊厳死宣言書とは何か?についてです。そもそも尊厳死ってなんだ??日本医師会のホームページに載っている(医の倫理の基礎知識 2018年版)によると『尊厳死とはリビングウィルを尊重して終末期に延命治療を差

ライフプランとは何か?任意後見における役割

以前の記事で、任意後見契約書の作成と必要書類について書きました。今日は、ライフプランについてです。なにをする?ご本人の日常生活に関する意向や考え方、趣味趣向、財産の使い方、緊急時の対応などご本人が判断能力のあるうちに聞き取っておき、来るべきに時に備えてその方の意向を整理しまとめておくことがライフプランを立てることです。

死後事務委任契約でできることはなに?

以前の記事で、死後事務委任契約は公正証書によるべきか?について書きました。今日は、死後事務委任契約でできることについてです。死後事務委任契約と言うための要件は?死後事務委任契約で出来ることの前に、前提として、そもそも死後事務委任契約というためには、どんな内容である必要があるのでしょうか?
以下の事項であ

死後事務委任契約は公正証書によるべきか?

以前の記事で、死後事務委任契約で銀行口座の解約手続きができるか?について書きました。今日は、死後事務委任契約は公正証書によるべきか?についてです。公正証書でなくても作成できるまず、死後事務委任契約書は公正証書によらなくても、作成することはできます。ただ、実際に死後事務委任契約書を使って、手続きを

任意後見契約書の作成と必要書類について

以前の記事で、任意後見契約とその解除について書きました。今日は、任意後見契約書を公証役場での作成する際に必要な書類についてです。必要書類【ご本人】・印鑑登録証明書(又は運転免許証等の顔写真付身分証明書)・戸籍謄本・住民票・実印・委任事項のなかに、不動産に関する事項(管理、処分、売買、賃貸など)がある

任意後見契約とその解除について

以前の記事で、任意後見契約と公正証書について書きました。今日は、任意後見契約と契約解除についての話です。そもそも解除できるのか?そもそも任意後見契約は、委任契約の一つなので、契約当事者双方はいつでも解除する事が出来ますが、通常の委任契約と違い、ご本人の保護と当事