相続手続き

カテゴリ一 記事一覧

相続法改正に伴う遺留分制度の見直し

以前の記事で、遺留分とは?について書きました。今日は、相続法の改正で遺留分制度がどのように変わったのか?です。何が変わったの?今回の相続法改正で遺留分制度の見直しがありました。旧法では、『遺留分減殺請求』といわれていた権利(遺留分を持つ人が遺産を受け取った人へ自分の遺留分を主張請求する権利)の呼

相続対策で出来ることはなに?

以前の記事で、相続土地国庫帰属法について書きました。今日は、相続対策として出来ることはなにか?について書きます。様々な手段がある相続対策と言っても様々な手段がありますので、一つずつ説明していきます。簡単に出来そうなものから、ハードルが高いものまで様々です。①遺言書を作る最も手軽で、ご自分だけででき

所有者不明土地と共有地と民法改正について

以前の記事で、相続土地国庫帰属制度について書きました。今日は、令和5年4月1日に施行される民法改正後の共有地の取り扱いについてです。法改正がされた背景現在の法律では、共有物(共有の土地など)に軽微な変更を加える場合であっても、変更行為として共有者全員の同意が必要

相続土地国庫帰属制度はいつから?制度について司法書士が解説

以前の記事で、相続申告登記について解説しました。今日は、相続法の改正の一つについて、相続土地国庫帰属法についてです。どんな制度?相続土地国庫帰属法とは、どんな制度なのでしょうか?そもそもこの制度ができた背景には、土地利用ニーズの低下により、土地などを相続したものの

相続人申告登記とは?必要書類について

以前の記事で、相続登記義務化と遺言書があるケースについて書きました。今日は、相続登記義務化でよく出てくる、「相続人申告登記」についての話です。どんな登記?相続人申告登記は、相続人が相続登記の義務を通常の登記手続きよりも簡便に実行できるようにするための制度です。(新第76条の3)

相続登記義務化と遺言書があるケース

以前の記事で、相続登記義務化と遺産分割の関係について書きました。
今日は、相続登記義務化と遺言書がある場合の登記手続きについてです。遺言書があったら登記はいつまでにすれば?遺言書がある場合の名義変更手続きは、「相続」または「遺贈」による原因で不動産の名義変更がされます。

相続登記の義務化と遺産分割について②

以前の記事で、相続登記の義務化と遺産分割について書きました。今日はその第二弾です。基本的義務から3年以内に遺産分割が成立しない場合前回の記事で、新不動産登記法では追加的義務として、遺産分割協議が成立している場合には、その内容を踏まえ登記手続きも義務化されると説明しました。(新第76条の2第2項、新第76条の3第4項等)

相続登記の義務化と遺産分割について①

以前の記事で、相続登記の義務化について書きました。今日は、相続登記の義務化と遺産分割への影響について書きます。この話題は、書く内容が長いので何回かに分けて書きます。相続発生後に遺産分割が成立した場合の登記2024年に相続登記が義務化されることは、以前の記事で書きました。今回の相続法改正で、相続手

相続手続き代行に司法書士がおすすめな理由

以前の記事で、相続登記の義務化について書きました。今日は、相続手続きの代行には司法書士がおすすめな理由について書きます。相続手続きと司法書士は親和性が高い相続手続きと一言でいっても、様々な手続きがあります。相続手続きの種類や期限については、別のページで紹介していますのでそちらをご覧ください。司法書士

相続登記義務化の対象になるのはいつの相続から??

以前の記事で、相続登記の義務化について書きました。今日は、義務化の対象になる相続登記はなにか?についてです。いつ発生した相続が対象?相続法の改正で2024年4月1日から相続登記が義務化されることは、お伝えしました。では、いつ発生した相続が登記義務化の対象になる