月: 2021年10月

記事一覧

はしゃぐ田舎者

弊所がある豊橋市西口町の近くに曙町というところがあります。 その曙町の大きな通りがあるんですがその通りには、いくつかの商業施設があります。 最近古いお店がなくな

体力の衰えを感じた出来事

ついこの前の話なんですが、10ヶ月になる娘と奥さんの3人で「パパママヨガ」なるものに行きました。 親子でヨガをする、ゆるりとした感じのイベントです。 皆さんはヨ

戦慄の舌打ち

この世の中には背筋が凍ることがあります。 先日、家で食器洗いを終えソファーでくつろいでいた時のこと、その日は洗った食器が多く水切りカゴにたくさんの食器を積んでい

意外と知られていない、住所変更登記の義務化

2024年までに相続登記が義務化されるお話を以前しました。これは不動産登記法の一部改正によるものなんですが、実はこの改正の中で相続登記以外にも義務化されたものがあります。それが登記名義人(所有権)の住所変更手続きです。相続登記の義務化は、様々な媒体で取り上げられて有名なんですが、

大昔の抵当権を抹消したい。どうすれば?

担保は一度設定すると抹消手続きをしない限り永遠に残り続けます。仮にそれが大正や明治時代の担保でも変わりません。抵当権抹消は共同申請でするのが原則ですがそれ以外にも方法があります。そして、休眠担保(長期間放置されている担保権)の抹消の場合には、供託の方法で単独申請するのがよくあるケースです。

デジタル化と司法書士業務の未来予想①

昨今のコロナ禍の影響により、リモートワークやオンライン面談など今まで技術的に可能ではあったけど、試されてこなかったことが必要に迫られて実施されるようになった印象があります。司法書士業務にも少なからずその影響はあり登記申請のオンライン化促進などは法務省、法務局も積極的な姿勢です。

夫が死亡…不動産の担保抹消をしたい

前回、担保抹消手続きについて書きました。担保抹消の登記手続きをする際には、該当不動産の所有者の方も申請人になります。もし仮にその方が亡くなられていた場合はどうなるでしょう?この場合、相続登記による所有者の名義変更手続きを先にしなければなりません。

住宅ローンを完済。抵当権抹消ってなに?

住宅ローンを完済し終えると抵当権抹消書類というものを銀行から受け取ります。銀行がそのまま手続きの手配をしてくれる場合もありますが、書類だけ渡されて「あとはご自分で」というケースもあります。そもそも登記手続きは、自分で出来る手続きですので、書類さえ揃っていて不備のない申請であれば出来てしまいます。

不動産の権利書がない!再発行出来るんですか?

売買や贈与などで、不動産所有者の名義変更の登記手続きをする場合、原則としてその不動産の権利書(登記識別情報通知)が必要です。登記書類の中で、一番重要と言っても過言ではない書類なのですが、私の経験上だとけっこうな割合で紛失されている方が多いです。

暦年贈与で不動産の名義変更をする上での注意点

贈与をする場合には贈与税がかかることを前回お話ししました。では不動産を贈与する場合どのように贈与していくのか?というお話しです。贈与でよく聞くことばで、「暦年贈与」というものがあります。これは1月1日〜12月31日まで(暦年)で1年間にもらった財産の合計額から