月: 2022年1月

記事一覧

消滅時効の援用をすることによるデメリットは??

以前消滅時効援用の要件についての記事を書きました。以前消滅時効援用の要件についての記事を書きました。①時効援用に失敗した場合に改めて債権者に債務者の情報を知られてしまう②時効援用には要件がいくつもあり、一つでも要件をみたさないことがあると手続きが出来ずハードルが高い

配偶者居住権のデメリットは何?税金への影響は?

配偶者居住権は短期のものと長期のものがあります。前置きとして、下記は、配偶者居住権の説明です。デメリットの説明は、そのあとに書きました。亡くなった人が所有していた建物に、無償で居住していた配偶者に遺産分割が完了するまでの間(最低6か月)無償で建物を使用することができ、この家賃相当の利益を、

遺言書を法務局で保管する場合に必要な書類は??

以前の記事で、自筆証書遺言の法務局での保管制度について書きました。今日は、その遺言書の保管申請を法務局にする場合の必要書類について、書きます。・遺言書*ホッチキス止めせず、そのままで、封筒も不要*外国語の遺言書の場合には、翻訳文が必要です遺言書の保管所を確認の上

相続税の基礎控除はいくら?生命保険は課税される?

相続税は、正味の遺産総額から基礎控除額を除いて、それでも余った部分が課税対象になります。基礎控除の額は、相続税の発生があるかどうかの基準になりますので重要な部分です。(注)亡くなった人に養子がいる場合、法定相続人の数に含める養子の数は、実子がいるときは1人(実子がいないときは2人)までとなります。

2020年の民法改正による消滅時効の影響

2020年の民法改正で、消滅時効援用についての法律も改正点がありました。旧民法下では、権利行使できる時から10年とされていた規定が、「債権者が権利行使できることを知った時から5年、債権者が権利行使できる時から10年」(民法166条1項1号、2号)となりました。

鼻が利く司法書士

小さなお子さんがいる方なら、わかると思いますが、育児で大変な作業で、おむつ替えがあります。あれってけっこう、大変ですよね。最初は、奥さんに言われるがままに、やってたんですが、少しずつ慣れてきて、今では一人でなんなく、こなせるようになりました。

遺言書の効力について。無効になってしまうのはどんな場合?

遺言書には主に、公正証書遺言と自筆証書遺言があります。これらは有効要件を満たしていないと、そもそも法律的に使用できません。そうなると、様々な相続手続きで遺言内容通りに、手続きが進められなくなる恐れが出てきますので、注意が必要です。今回は、遺言書がどんな場合に無効になってしまうのかを、書いていきます。

エンディングノートの書き方とコツについて

前回エンディングノートについての説明記事を書きました。今回は、エンディングノートの書き方とコツについてです。まず、エンディングノートを書く際に、本屋さんなどで、市販のエンディングノートがたくさんあると思います。市販のものであれば、書きやすくまとまっているのでそれを購入するのもありだと思います。

エンディングノートとは?遺言書と何が違うの?

終活でよく出てくる、「エンディングノート」についての解説です。まず始めに、エンディングノートとは自分に何かあったときに、家族が困らないように自分の様々な事柄の意思表示を書き記しておくノートです。では「遺言書」と何が違うのでしょうか?最大の違いは、法定拘束力がエンディングノートにはない点です。