認知症対策や生前対策と一言で言っても、後見手続き、遺言書作成、家族信託など様々なものがあります。

弊所では、お客様の資産額や種類、ご本人様の健康状態、家族関係などに合わせ、最適な対策をご提案できるようにしています。

じっくりとお話をしながら、一緒に生前対策を考えませんか?

相続手続きは、不動産の名義変更、銀行口座の解約、遺産分割協議、相続税の申告など必要な手続きは多岐にわたります。

司法書士は業務上、複数の相続手続きに対応していますので、最も相続手続きに精通した職種です。

また当所が対応できない手続き(相続税の申告など)は、提携士業をご紹介しますので、ワンストップサービスをご提供いたします。

きっと、お役に立てると思います。

当所では、遺言書作成から遺言執行手続きまでを総合的にサポートするプランと相続手続きについて総合的にサポートする相続手続きおまとめプランをはじめとした3つの相続手続きプランをご用意しております。

また例えば、相続登記だけ依頼したいなどの単独の手続きのご依頼もお受けいたします。

当所は、依頼者様のニーズに合わせた形で手続きのお手伝いをさせていただきます。

生前贈与や財産分与による名義変更など、ただ名義変更するだけでなく、その背景にある様々なご事情にも配慮しながら手続きを進めます。

また当所の司法書士太田徹は、不動産売買による名義変更、担保設定抹消、立会業務を300件以上経験しておりますので、スムーズに手続きをさせていただきます。

弊所といたしましては、ただ手続きを代行するだけでなく、一度でもご縁があってご依頼頂いた企業様の良き法務アドバイザーになれるようにサービスの提供を行います。

そのため、リーガルチェックサービスのような形で、継続的に企業様を法務手続きのという形でサポートしていけるようなサービスもご用意しております。

また社会保険労務士もおりますので、より多角的な視点から企業様をサポートできます。

弊所をかかりつけの法務部として、企業様にご指名していただけるように心がけております。

法人向けのセミナーや出張そうだん会を開催しております。

高齢者福祉施設、不動産会社、金融機関、葬儀会社などの社員さん向けにセミナーを開いたり、現地に赴いて、そうだん会を開催したりします。

イベントなどでのコラボも随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

裁判所での遺産分割調停、後見等の各種申立て書類の作成は、相続手続きで上手く協議がまとまらない場合や生前対策の際に必要になります。

また支払督促、訴訟代理などの裁判業務、時効援用通知なども専門職でなければ対応が難しいものがあります。

当所では依頼者が最善の手段をとれるようしっかり対話することを心がけております。

上記に記載されている業務以外にも対応できるものがありますので、まずはお気軽にお問い合わせください。