突然ですが、皆さんは人生の教訓やモットーにしていることはありますか?

 

私は人生の教訓としていることがあります。

 

一夜賢者の偈という詩です。

 

前後際断と言ったりもするみたいですが、これは禅の教えの一つです。

 

この教えは端的に言えば、『過去にも未来にもとらわれず、今この瞬間に集中して生きなさい』という教えです。

 

昔まだ司法書士受験生だった頃、受験生活も6、7年目を迎え、年齢も30歳にさしかかり、焦りと不安で精神的にかなり追い込まれている時期がありました。笑

 

今となっては、笑って話せるんですがその当時は自分の人生がかかっていたので『必死』の一言でした。

 

そんな時に出会ったのがこの教えで、本試験直前は寝る前に毎日、お経の様に唱えていました。

 

結局その年に合格することが出来て、それをきっかけに私は一夜賢者の偈が人生訓になりました。

 

そして教訓にするようにして気が付いたことなんですが、不安と後悔という気持ちが薄れるということがわかりました。

 

当たり前じゃん。と言われればその通りなんですが、後悔は過去に気持ちがブレて、不安は未来へ気持ちがブレています。

 

今ここに気持ちが集中していれば後悔も不安もなくなるのは当然の事です。

 

今に気持ちを集中させる事で、自分の最大限のポテンシャルを発揮できるし、今に集中することが良い思い出と素晴らしい未来を作り上げていくものだと私は思います。

 

悩みっていうものは細かく分解していくと、どれも後悔か不安だと思います。

 

後悔や不安に苛まれた時は、是非この一夜賢者の偈を思い出してみてください。

 

以上が『〜雑談〜目の前のことに集中することの重要性』でした。最後までお読みいただきありがとうございます。