不動産登記について

Q
遠方の不動産なんですが、対応してくれますか?
A

当所ではオンライン申請を採用していますので、全国どこの物件でも対応致します。

Q
贈与や売買などで名義変更する場合どんな書類が必要ですか?
A

贈与する人(売主)は、不動産の権利書、印鑑証明書、ご実印などが必要です。貰う人(買主)は住民票などが必要です。その他にも不動産の評価額のわかる書類(評価証明書や固定資産税の納税通知書)などが必要です。案件に応じて必要書類は変わりますのでご相談下さい。

Q
担保抹消の書類を銀行からもらいました。どうすればいいですか?
A

既に完済された担保権ですので抹消登記手続きが必要です。当所に書類を預けて頂ければ、手続きを致します。またご自分で申請される場合には、法務局の登記相談をご利用されると良いです。

Q
生前贈与による名義変更をしようと思っています。どうすれば良いでしょうか?
A

生前贈与の場合、贈与税の検討が必要になりますので、先に税理士の先生に税金のことをご相談の上で名義変更の手続きに入った方が良いです。

Q
権利書を無くしてしまいました。その場合でも登記手続きはできるしょうか?
A

権利書が無くても登記手続きは出来ますが、権利書の代わりになる書類を作成する必要があります。また手続きによっては、権利書が不要なこともあります。

Q
財産分与をしたのですが、不動産の名義はどうすればよいですか?
A

財産分与を原因に名義変更することが可能です。この場合、財産分与の協議をすることと、離婚が成立している必要があります。
また住宅ローンが残っていてる場合にはローンの支払いをどうするかなど、借入先の銀行を含めて相談をする必要があります