お役立ち情報を1分でお届け

成人年齢引き下げによるメリット、デメリット

以前の記事で、相続法改正について書きました。今日は、成人年齢の引き下げによるメリット、デメリットについてです。なんで成人年齢が変わるの?民法改正され、2022年4月1日から、成人年齢が20歳から18歳に変わります。これに伴い2022年4月1日に18歳、19歳の人は2022年4月1日に新成人となります。

相続法改正に伴う遺留分制度の見直し

以前の記事で、遺留分とは?について書きました。今日は、相続法の改正で遺留分制度がどのように変わったのか?です。何が変わったの?今回の相続法改正で遺留分制度の見直しがありました。旧法では、『遺留分減殺請求』といわれていた権利(遺留分を持つ人が遺産を受け取った人へ自分の遺留分を主張請求する権利)の呼

死後事務委任契約でできることはなに?

以前の記事で、死後事務委任契約は公正証書によるべきか?について書きました。今日は、死後事務委任契約でできることについてです。死後事務委任契約と言うための要件は?死後事務委任契約で出来ることの前に、前提として、そもそも死後事務委任契約というためには、どんな内容である必要があるのでしょうか?
以下の事項であ

広報係コロちゃん失踪事件

太田合同事務所の広報として活躍してくれている、コロちゃんが先日失踪しました。普段は、夜外出して朝に帰ってくる生活リズムなんですが、その日は朝になっても帰ってきませんでした。
家族みんなで心配してたのですが、その日の夜、何事もなかったかのように帰ってきました。いったい、何があったのか、謎は深まるばかりです。

死後事務委任契約は公正証書によるべきか?

以前の記事で、死後事務委任契約で銀行口座の解約手続きができるか?について書きました。今日は、死後事務委任契約は公正証書によるべきか?についてです。公正証書でなくても作成できるまず、死後事務委任契約書は公正証書によらなくても、作成することはできます。ただ、実際に死後事務委任契約書を使って、手続きを

NPO法人とはどんな組織?|司法書士が解説

以前の記事で、合同会社の代表社員について書きました。今日は、最近よく聞くNPO法人とはどんな組織なのかを書きます。どんな組織??NPO法人(正式名は特定非営利活動法人)は、ボランティア活動をはじめとする市民が行う社会貢献活動として特定非営利活動の健全な促進と、不特定多数のものの公益の増進に寄与することを目

相続対策で出来ることはなに?

以前の記事で、相続土地国庫帰属法について書きました。今日は、相続対策として出来ることはなにか?について書きます。様々な手段がある相続対策と言っても様々な手段がありますので、一つずつ説明していきます。簡単に出来そうなものから、ハードルが高いものまで様々です。①遺言書を作る最も手軽で、ご自分だけででき

任意後見契約書の作成と必要書類について

以前の記事で、任意後見契約とその解除について書きました。今日は、任意後見契約書を公証役場での作成する際に必要な書類についてです。必要書類【ご本人】・印鑑登録証明書(又は運転免許証等の顔写真付身分証明書)・戸籍謄本・住民票・実印・委任事項のなかに、不動産に関する事項(管理、処分、売買、賃貸など)がある

任意後見契約とその解除について

以前の記事で、任意後見契約と公正証書について書きました。今日は、任意後見契約と契約解除についての話です。そもそも解除できるのか?そもそも任意後見契約は、委任契約の一つなので、契約当事者双方はいつでも解除する事が出来ますが、通常の委任契約と違い、ご本人の保護と当事

所有者不明土地と共有地と民法改正について

以前の記事で、相続土地国庫帰属制度について書きました。今日は、令和5年4月1日に施行される民法改正後の共有地の取り扱いについてです。法改正がされた背景現在の法律では、共有物(共有の土地など)に軽微な変更を加える場合であっても、変更行為として共有者全員の同意が必要