以前の記事で、株式会社の設立について、書きました。

今日は、合同会社とは何か?そしてメリットはあるのか?についてです。

合同会社とは?

合同会社は、合名会社・合資会社と同じ「持分会社」といわれる会社です。

合同会社を含む、持分会社は出資者(株式会社でいうところの株主)自らが、社員(株式会社でいうところの取締役)となって業務の運営に当たる形態の会社です。

合同会社と合名会社、合資会社との違いはまた別の記事で書きます。

では、株式会社と合同会社の違いはなんでしょうか?

一番の違いは、株式会社は会社の持ち主と運営が分かれるのに対し、合同会社は同一である点でしょう。

また株式会社は世間的な知名度が高く、信用が得やすいですが、合同会社は知名度が低いため、株式会社に比べると信用が得にくいでしょう。

将来的に会社を大きくしていくのであれば、株式会社の方が適しています。

というのも、株式会社は会社のオーナー(株主)が第三者でもなれますが合同会社は会社のオーナーになると運営にも携わることになります。

家族経営や仲間内だけの会社であれば、合同会社の方がメリットは多いですが将来的に事業規模を大きくしていくのであれば、株式会社にしましょう。

合同会社のメリットは?

合同会社のメリットで一番に挙げられるのは、設立の際の費用面でしょう。

会社を立ち上げるには、設立登記が必要になりますが株式会社の場合には司法書士などの専門家に登記手続きを依頼した場合には、30万円ほどかかりますが持分会社の場合には、16万円ほどで手続きができます。

なぜここまで費用が違うのかというと、持分会社は株式会社と異なり定款の認証手続き(公証役場でする手続きで5万円かかる)が不要なため、その手続きの費用がかからないことと、登記手続きの際にかかる登録免許税が9万円ほど安いため、費用が安くなるからです。