相続手続き

タグ 記事一覧

相続対策で出来ることはなに?

以前の記事で、相続土地国庫帰属法について書きました。今日は、相続対策として出来ることはなにか?について書きます。様々な手段がある相続対策と言っても様々な手段がありますので、一つずつ説明していきます。簡単に出来そうなものから、ハードルが高いものまで様々です。①遺言書を作る最も手軽で、ご自分だけででき

所有者不明土地と共有地と民法改正について

以前の記事で、相続土地国庫帰属制度について書きました。今日は、令和5年4月1日に施行される民法改正後の共有地の取り扱いについてです。法改正がされた背景現在の法律では、共有物(共有の土地など)に軽微な変更を加える場合であっても、変更行為として共有者全員の同意が必要

相続土地国庫帰属制度はいつから?制度について司法書士が解説

以前の記事で、相続申告登記について解説しました。今日は、相続法の改正の一つについて、相続土地国庫帰属法についてです。どんな制度?相続土地国庫帰属法とは、どんな制度なのでしょうか?そもそもこの制度ができた背景には、土地利用ニーズの低下により、土地などを相続したものの

相続登記の義務化と遺産分割について②

以前の記事で、相続登記の義務化と遺産分割について書きました。今日はその第二弾です。基本的義務から3年以内に遺産分割が成立しない場合前回の記事で、新不動産登記法では追加的義務として、遺産分割協議が成立している場合には、その内容を踏まえ登記手続きも義務化されると説明しました。(新第76条の2第2項、新第76条の3第4項等)

相続登記の義務化と遺産分割について①

以前の記事で、相続登記の義務化について書きました。今日は、相続登記の義務化と遺産分割への影響について書きます。この話題は、書く内容が長いので何回かに分けて書きます。相続発生後に遺産分割が成立した場合の登記2024年に相続登記が義務化されることは、以前の記事で書きました。今回の相続法改正で、相続手

相続登記義務化の対象になるのはいつの相続から??

以前の記事で、相続登記の義務化について書きました。今日は、義務化の対象になる相続登記はなにか?についてです。いつ発生した相続が対象?相続法の改正で2024年4月1日から相続登記が義務化されることは、お伝えしました。では、いつ発生した相続が登記義務化の対象になる

検認手続きとは?|司法書士が解説

以前の記事で、遺留分減殺請求権の時効について書きました。今日は、遺言書の検認手続きについてです。自筆証書遺言の場合に必要検認手続きは、相続が発生し遺言書がある場合にしますが、常に必要なわけではありません。公正証書遺言と保管制度を利用した自筆証書遺言の場合には検認手続きは不要です。

生命保険金は相続財産になるのか?

以前の記事で、相続税の基礎控除と生命保険について書きました。今日は、生命保険が相続財産になるのかについてです。生命保険金は誰の財産??結論から申し上げると、生命保険金や死亡退職金、年金給付契約などは受取人の定めがあれば、相続財産にはなりません。これは、保険の契約によって生前に亡くなった人が持っていた

遺産分割協議の期限はあるのか?

以前の記事で、遺産分割協議書の書き方について書きました。今日は、遺産分割協議の期限についてです。遺産分割をする時期についてまず初めに、遺産分割協議は原則的に期限の定めはありません。遺産分割請求権(遺産分割を行うように請求する権利)は、消滅時効(一定期間権利を行使しないことにより権利が行使できなくなること)になりません。

相続登記を自分でやるのは難しいのか?

以前の記事で、相続登記の費用の相場について書きました。今日は、相続登記を自分でやることはできるのか?についてです。本来、登記申請は自分でできる登記手続きというのは、法務局に申請するもので、法務局が取り扱い、管理しています。本来は、登記手続きの当事者(例えば、相続登記で不動産を取得する相続人など)が