遺言書の効力

カテゴリ一 記事一覧

遺言書の効力について。無効になってしまうのはどんな場合?

遺言書には主に、公正証書遺言と自筆証書遺言があります。これらは有効要件を満たしていないと、そもそも法律的に使用できません。そうなると、様々な相続手続きで遺言内容通りに、手続きが進められなくなる恐れが出てきますので、注意が必要です。今回は、遺言書がどんな場合に無効になってしまうのかを、書いていきます。

遺言書の付言事項に法的な効力はあるのか?

遺言書は遺言者の方の相続分をどのように分けるのかなど記載して、法的に効力の持つ書面です。遺言書の中で、付言事項という項目があります。付言事項は、法的に効力を持たない部分です。というのも、付言事項は遺言者の最後のメッセージのような部分で、感謝の気持ちを伝えたり、