任意後見契約

カテゴリ一 記事一覧

任意後見契約書の作成と必要書類について

以前の記事で、任意後見契約とその解除について書きました。今日は、任意後見契約書を公証役場での作成する際に必要な書類についてです。必要書類【ご本人】・印鑑登録証明書(又は運転免許証等の顔写真付身分証明書)・戸籍謄本・住民票・実印・委任事項のなかに、不動産に関する事項(管理、処分、売買、賃貸など)がある

任意後見契約とその解除について

以前の記事で、任意後見契約と公正証書について書きました。今日は、任意後見契約と契約解除についての話です。そもそも解除できるのか?そもそも任意後見契約は、委任契約の一つなので、契約当事者双方はいつでも解除する事が出来ますが、通常の委任契約と違い、ご本人の保護と当事

任意後見契約と公正証書

以前の記事で、任意後見契約の効力について書きました。今日は、任意後見契約と公正証書の関係についてです。公正証書で作成しなければいけないそもそも任意後見契約書は公正証書で作成することが法律で決まっています。(任意後見契約に関する法律第3条)公正証書で作成するということは、公証役場で公証人の審査が入るとい

任意後見契約の効力について

以前の記事で、任意後見契約の費用について書きました。今日は、任意後見契約をした場合の法的な効力についてです。契約しても効力はすぐ生じない任意後見契約の特徴の1つとして、契約をして契約書を作っただけでは、効力が出ないことです。契約の効力が生じるのは、ご本人(委任者)が認知症などになり、判断能力が衰えて、

任意後見契約の費用について|司法書士が解説

前回の記事で、任意後見契約のデメリットについての記事を書きました。今日は、任意後見契約の費用についてです。任意後見契約によって発生する費用については、主に3種類あります。契約締結時の費用・公正証書作成費用2万弱~3万程度任意後見契約書は、法律で公正証書で作成することが義務付けられています。