遺産分割協議

カテゴリ一 記事一覧

遺産分割協議の期限はあるのか?

以前の記事で、遺産分割協議書の書き方について書きました。今日は、遺産分割協議の期限についてです。遺産分割をする時期についてまず初めに、遺産分割協議は原則的に期限の定めはありません。遺産分割請求権(遺産分割を行うように請求する権利)は、消滅時効(一定期間権利を行使しないことにより権利が行使できなくなること)になりません。

遺産分割協議書の財産ごとの書き方について|司法書士が解説

今日は相続手続きでよく出てくる、遺産分割協議書の書き方についての解説です。相続財産には、不動産、預貯金、現金、株式、車、貸金債権など多種にわたります。財産の種類ごとに書いていきます。*不動産の場合には、原則登記事項証明書の通りに記載すれば問題ありません。*未登記建物(登記されていない建物)は最

直接会わないと遺産分割協議は出来ないの?

遺産分割協議をしたいけど、相続人が全国各地に散らばっている場合、全員が一同に会することは難しいと思います。そんな時どうやって遺産分割協議をすればいいのか?遺産分割協議書は相続人の方の連名の形で署名、押印をし、一枚もしくわ複数枚を割印して作るのが一般的です。

遺産分割協議がまとまらない!

以前に引き続き遺産分割協議のことです。
過去の遺産分割協議のコラム↓
・通常の遺産分割協議
・未成年者がいる遺産分割協議
・認知症の方がいる遺産分割協議
・海外在住の方がいる遺産分割協議
相続が起きて、いざ遺産分割協議をしようとなったものの話し合いがまとまらない!なんてことは普通にある話しです。

相続人が海外に…どうのように相続手続きをすれば?

過去の遺産分割協議のコラム↓
・通常の遺産分割協議 ・未成年者がいる遺産分割協議 ・認知症の方がいる遺産分割協議相続が起きて、いざ遺産分割協議などの手続きをしようと思ったものの、相続人の一人が海外に住んでいる。そんな時、手続きは出来るのだろうか?と心配になると思います。

未成年の子供と遺産分割協議ってできるの?

相続が起きた時、遺産分割協議の当事者に未成年の子供が協議の当事者の時でも、通常通り遺産分割協議はできるのでしょうか?答えは、出来ますが通常通りは出来ません。
未成年の子供の代わりに協議をする特別代理人を裁判所を通して選任する必要があります。ではその特別代理人はどうやって選任するのか?

認知症の親が遺産分割協議の当事者に…どうすれば?!

前回、遺産分割協議の基本的なことをお話ししましたが、今日は遺産分割協議の当事者に認知症の方がいらっしゃる場合の話です。そもそも認知症の方が参加した遺産分割協議は有効なのかという問題ですが、認知症の進行度にもよりますが、重度の認知症の場合は無効になります。

遺産分割協議ってなに?遺言書と何が違うの?

今日は遺産分割協議ってなんぞや?と言うお話しです。端的に言うと、遺産分割協議とは法定相続人(民法で決められた人で配偶者や子供など)が亡くなった方の相続財産をどのように分けるかを話し合って決めることです。財産と一言で言っても不動産、有価証券、預金口座、現金など様々あります。