月: 2022年6月

記事一覧

相続登記の義務化と遺産分割について①

以前の記事で、相続登記の義務化について書きました。今日は、相続登記の義務化と遺産分割への影響について書きます。この話題は、書く内容が長いので何回かに分けて書きます。相続発生後に遺産分割が成立した場合の登記2024年に相続登記が義務化されることは、以前の記事で書きました。今回の相続法改正で、相続手

相続手続き代行に司法書士がおすすめな理由

以前の記事で、相続登記の義務化について書きました。今日は、相続手続きの代行には司法書士がおすすめな理由について書きます。相続手続きと司法書士は親和性が高い相続手続きと一言でいっても、様々な手続きがあります。相続手続きの種類や期限については、別のページで紹介していますのでそちらをご覧ください。司法書士

親の財産管理の良い方法はないのか?

今日は、親の資産を管理する良い方法はないのか?についてです。後見制度という選択肢財産管理を人に任せるということは、ご本人以外が財産を管理するわけですからご家族にとっては、非常に心配なものです。資産管理は家族が出来ないが、信頼できるところに資産管理を任せたいという方に推奨できる制度が後見制度です

太田合同事務所の新たな仲間、総務係のテン

太田合同事務所に新たな仲間(犬)のテンが加わりました。テンはもともと豊橋の保健所「ほいっぷ」というところで、保護されていましたがつい先日、弊所司法書士太田の父と母が引き取りました。高齢のおばあちゃん犬ですが、とっても愛想がよく人慣れしています。ハスキーが入ったミックス犬のため、片目がグレーで片目

民事信託と不動産の関係について

以前の記事で、信託登記について書きました。今日は、民事信託と不動産の関係について書きます。なぜ登記をしなければいけないのか?信託登記の記事でも書きましたが、信託財産に不動産がある場合には、登記手続きが必要になります。信託登記をしなければ、その不動産が信託財産であることを第三者に対して主張出来ない

相続登記義務化の対象になるのはいつの相続から??

以前の記事で、相続登記の義務化について書きました。今日は、義務化の対象になる相続登記はなにか?についてです。いつ発生した相続が対象?相続法の改正で2024年4月1日から相続登記が義務化されることは、お伝えしました。では、いつ発生した相続が登記義務化の対象になる

任意後見契約と公正証書

以前の記事で、任意後見契約の効力について書きました。今日は、任意後見契約と公正証書の関係についてです。公正証書で作成しなければいけないそもそも任意後見契約書は公正証書で作成することが法律で決まっています。(任意後見契約に関する法律第3条)公正証書で作成するということは、公証役場で公証人の審査が入るとい

いないいないばあ地獄

小さなお子さんがいる方なら、分かると思いますが、子供向け番組で「いないいないばぁ!」というテレビ番組があります。ウチの2歳になる娘もこの番組が大好きでしょっちゅう見てるですが、異常な頻度で見てます。小さな子供ってのは、みんなそうゆうものなのか、同じ番組をひたすら繰り返して見てます。よく飽き

遺品整理はいつからすればいい?

以前の記事で、エンディングノートの作り方を解説しました。今日は、遺品の整理をいつからして、どのようにするのがポイントかを書きます。いつまでにすれば?以前の記事でも書きましたが遺品整理を含めて終活には、具体的な期限があるわけではなく、また人によって最適なタイミングは異なると説明しました。遺品整理